銀座のクラブで派遣の仕事

一流のホステスになるためクラブで頑張ってます
未分類

コンパニオンってのもなかなか大変みたいです。

ちょっと可愛い目の知人が、コンパニオンの仕事をしています。

年齢よりも若く見えるのもあるし、何よりスタイルが良いしで、うなずける部分もあるんです。

でも、最初に「仕事は何してるの?」って聞いた時に「コンパニオン」って言われた時は、正直驚きました。

だって、コンパニオンって、宴会で洋服を着てお酌をしている人って言うイメージだったんですもん。

当然、彼女もその反応には慣れているらしくて、「飲み会で笑ってるだけでお金貰ってるやつじゃないからね」と。

彼女がやってるのは、もっぱらイベントでのお手伝いだそうで、結構大変なんだそうです。

イベントなんていうのは、休日にあることが多いので、土日が主な仕事日で、準備なんかにも結構日にちが掛かるんだそうで、イベント会場でただニコニコ笑っていれば良いだけじゃないんだそうです。

「そりゃあ、アナウンス的な事を担当する時は、一応勉強し解かなきゃ」

って、彼女は言ってましたけど、そういう表舞台に出られる人は、やっぱり限られているし、華やかな現場だけじゃないって。

裏方のような仕事もするし、黒っぽいスーツに身を固めて、一見SPか?みたいな敬語まがいの仕事もするんだそうです。

コンパニオンって言う言葉自体が少しずつ浸透しては着ているけど、やっぱりまだあんまり知られていないって嘆いてました。

若くて綺麗なの女の子のバイトがやっていると言うイメージが強くて、上から目線で馬鹿にされたりすることもあるようです。

遣り甲斐はあるって彼女は言ってましたけど、楽しいだけの仕事ってないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です