コンパニオンの仕事内容について

コンパニオンとはそもそも何をやるのかというと、コンパニオンはそもそもお客様を接待したりする女性の事を言います。簡単に接待といっても、コンパニオンは仕事でするため普通の接待などとは当然ながら異なります。

また、収入も普通のバイトとは少し異なるため当然ながら、内相次第で本当に給料の差があると言われているほどコンパニオンはとても給料の高い仕事といえます。

また、コンパニオンにも種類がありまずはイベントコンパニオン、ピンクコンパニオン、パーティーコンパニオンという大まかに三つに分かれた仕事がコンパニオンにはあります。イベントコンパニオンはモーターショーや、ゲームショウそして企業がおこした大きなイベントに、モデルとして雇ったりするのがイベントコンパニオンになります。
銀座の派遣会社に登録しました

そして、パーティーコンパニオンは、お客をホテルや旅館等でお酒を酌したり料理をよそったり、時にはその人の話し相手になったりするのがこういった人たちの役割といえ、ピンクコンパニオンはその名の通り、御役が指定した個室などに行き接待しつつ大人の行為に泳ぶコンパニオンになります。

また、イベントコンパニオンは企業が行った商品の紹介文を読んだり、サンプリングそして展示品等の横に立ってその商品の宣伝をしたり、紹介またはお客に勧めたりするため当然ながら奇麗でないといけません。

そのため、このコンパニオンは企業やその会社側自体に、オーディションがあるためそれに合格しないと立てたイベントには参加できません。

そのため、スタイルや容姿が良くないと厳しい仕事内容になります。理由はその商品の宣伝または広告塔になるため、容姿はもちろんスタイルもよくないといけません。

そして、ピンクコンパニオンはお酒の席を盛り上げたりするのも仕事になるため男の人を基本的に相手にしないといけないのでコンパニオンの中でも最も大変な仕事と言えるでしょう。

そして、それぞれのコンパニオンの給料はまず、イベントコンパニオンが日取り制で一日約2万ぐらいもらえパーティーコンパニオンが、1回につき5千円程度のものと言えるでしょう。

そして、ピンクコンパニオンが、日塔で約5万ぐらい最大で貰えることがあるため普通のバイトに比べコンパニオンは割高かつ、短期バイトなら高収入と言えるでしょう。

コンパニオンをしていた友人からきいた大変だったこと


友人が以前コンパニオンの仕事をしていたらしく、とても大変だったと聞きました。

コンパニオンをするくらいですから、友人はかなりキレイな容姿です。友人も昔からまわりの人にキレイだって言われながら育ってきたので自信があったそうです。

でも、実際に働きだすと周りは自分よりキレイな人ばかりで、たちまち自信をなくしたそうです。

仕事内容がとてもキツいらしく、イベントの間はずっと拘束されるそうです。

休憩自体は普通のお仕事よりは多いのですが、一日中タイトなコスチュームを着ていないといけないし、視線がずっと集まるので気が抜けないそうです。

立ち仕事としての疲れというよりも、気疲れのほうが大きいらしくて仕事が終わるころにはフラフラだそうです。

お給料は日給1万5000円で、普通のバイトよりはもらえていたみたいですが、友人からするとあんまり割に合わないと思っていたみたいですね。

特にあまり人の注目を浴びることになれていない人は、慣れるまではかなり大変だと言っていました。

友人にはファンがついて2万円までお給料が上がったそうで、それが嬉しくてなんとかお仕事を続けれたみたいです。

あと良かったところは、キレイな友だちができたことだったそうです。

コンパニオンをするだけあって美意識の高い人が多く、友人もその話題で仲良くなれたのが楽しかったみたいですね。

今では友人も全く違う事務のお仕事をしています。コンパニオンをしていた頃は大変だったけど、なんだかんだ楽しくていい経験になったと話しています。